• TOP

  • 基本のケア

  • 手肌の肌悩み

  • 汗蒸れの肌悩み

  • 頭皮の肌悩み

  • 赤ちゃんの肌悩み

商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • サプリメント
  • トライアルセット
  • レスキューセット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業日
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら
 

入浴で副腎皮質ホルモンを活性化!

もし貴方が朝風呂派だったら 生活パターンを見直してみたほうがいいかもしれません。

夜寝る前のお風呂が アトピーの方にはおすすめです。
先日、出張中に新幹線の中で興味ある記事に目がとまりました。それは・・・
「お風呂の入り方で 体内の副腎皮質ホルモンの分泌に変化がある」というものです。

アトピーの方であればご存知かとはおもいますが、ステロイド = 副腎皮質ホルモン剤入り軟膏です。

ということは、体内でこのホルモンの分泌量が↑すると、アトピーの症状にもとてもいいということです。

そもそも副腎皮質ホルモンは体内に存在するものなので、外部から補ってしまうことで弊害が生まれています。

日本人は比較的 高温なお風呂を「心地よい」と感じるそうですが、夜高温浴に入ると副腎皮質ホルモンが
増加するのに対し、朝だと何も変わらないそうです。つまり夜の高温浴はアトピーには効果的ということになります。

お風呂に入るとその温感が脳に伝わり、βエンドルフィンという物質が出るらしいのですが
これが42度を超えるとたくさん出始めるとのこと。

しかしなかがら、高温のお風呂はいいことばかりではありません。高温に長くつかっていると心臓にかかる負担が大きくなりますので要注意!


低温で長くはいるのが安心かというとかならずしもそうではなく、体の深部体温が上昇してしまうのが負担になるとのこと。

つまり、アトピーの方におすすめな入浴法は・・・

44度の場合:5分以内
42度の場合:7分以内
40度の場合:10分以内
がおすすめというわけ。

継続することがポイントだそうですよ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.