• TOP

  • 基本のケア

  • 手肌の肌悩み

  • 汗蒸れの肌悩み

  • 頭皮の肌悩み

  • 赤ちゃんの肌悩み

商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • サプリメント
  • トライアルセット
  • レスキューセット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業日
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら
 

就寝中のカユミで目が覚めてしまう・・・

多くいただくご相談が、

『 昼間はとても楽になったのです、就寝中の痒みがひどくて寝ている間に、無意識に掻きつぶしてしまうんです・・・ 』
というケース。

アトピーや手湿疹に限らず、体力が低下していたり 疲れているときなど、皮膚の弱い方やアレルギー体質の方などに
「布団に入るとかゆくなる・・・」 「夜になると蕁麻疹がでてくる・・・」ということが多くあります。

一般的に「布団にはいると、体が温まるから痒みがでてくる」ということが言われますが、それだけではありません。
私たちの体内では、「副交感神経」と「交感神経」のバランスが、

昼間  副交感神経 < 交感神経
夜間  副交感神経 > 交感神経

と、変化しています。

これに関係して 昼間は副腎皮質ホルモンの分泌が活性化され 夜間は低下するという サイクルがあります。

副腎皮質ホルモン(=ステロイド)の分泌に関連して 痒みを伴う皮膚症状の多くが
就寝中に痒みが悪化する傾向が見られます。もちろん、掻くことで 症状自体も悪化させてしまいます

夜間の痒みは 油分の多いものをお使いになった場合に 悪化される方がおおいので、
そういう場合は油分の少ない製品をお試しください。

又 症状が少し改善されるまでの間だけでも 夜間にかゆみどめ(抗ヒスタミン剤)を内服することも
主治医の先生にご相談してみてください。

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.