• TOP

  • 基本のケア

  • 手肌の肌悩み

  • 汗蒸れの肌悩み

  • 頭皮の肌悩み

  • 赤ちゃんの肌悩み

商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • サプリメント
  • トライアルセット
  • レスキューセット
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
定休日
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら
  • 洗った方が手荒れが楽になる温泉効果のしっとりソープです。手洗いの時だけでなく、 入浴時のボディソープやシャンプーも手肌に刺激となっていますので「お肌やわらかジェルソープ」をお使いください。

    お肌やわらかジェルソープ300ml 3024円
  • ハンドクリームにかゆみを感じてしまう肌にもお使いいただけるジェルベースのクリームです。こまめなケアが不可欠です。面倒でも洗い流した後は塗りなおしてください。

    お肌やわらかクリーム(集中ケア)
    130g 3240円(税込)

「Q」のある5つの肌状態にピンっときたら、ケアを見直しましょう。
手肌ケアは肌状態に応じたケアが不可欠です。基本のケアだけでは効果がない場合も、是非お試しください。

基本のケアの前にプラスしてお使いください。
  • 「お肌やわらかジェルソープ」で手を洗います
  • こすらないように注意しながら、タオルなどでしっかり水分をとります
  • 「Hand&Bodyプロテクトパウダー」を手にとり、手を洗う時のように手をこすり合わせるようにして、まんべんなくパウダーを全体になじませます。
  • このときに、水分が残っているとパウダーがダマになってしまうのでご注意ください。
  • 1分間ほど手をこするようにしながら、パウダーの有効成分を手肌に十分吸収させます
  • 粉っぽさが気になる場合は、ウェットティッシュなどで肌表面に残っている粉をふきとるかサッと水で流します。
  • その後、「お肌やわらかクリーム(集中ケア)」をしっかり塗します。
  • 上記方法を手洗いのたびに行います。手洗いの回数が少ない方は1日4〜5回はご使用ください。
基本のケアの後にプラスしてお使いください。
  • お肌やわらかクリーム(集中ケア)を重ねぬりしても気になる指関節のパックリやゴワゴワ状態には、ケアの最後に「集中リペアクリーム」の重ね塗りがおすすめです。
  • 気になる部分を覆うようにたっぷり塗布してください。
  • とくにおやすみ前の併用がおすすめです。
基本のケアは一時中止して、竹酢液でできたジェルのみのケアにきりかえてください。
  • 雑菌からお肌を守るケアは欠かせませんので、お肌やわらかジェルソープは中止せずお使いください。
  • 塗り込むというより皮膚を覆うように少し多めにお使いください。その状態で食品用ラップで覆ってください。
  • この状態で30分〜1時間お待ちください。
  • ラップを外したらかるくお水で流すか、香りが気にならなければそのままお肌になじませてください
  • 竹酢液でできたジェルは、もかなり燻製香が強い製品ですがラップを巻いてしまえば香りは漏れません。
  • ポイントはガーゼなどジェルが浸透してしまうものではなく、ラップのように吸水性のないもので覆うことです。
この方法は、湿った状態以外にも集中ケアとしてもおすすめです。
  • 「お肌やわらかクリーム(集中ケア)」よりも保湿力がほしい手肌に。
  • 水泡が気にならないなら保湿力でお選びください。
  • 「お肌やわらかクリーム(濃密保湿)」は竹酢液を高濃度(40%)配合したクリームです。
  • 頑固なガサガサをしっかりガードしてやわらげます。
  • 洗面器半程度の水に、バンブーバスエッセンス30ml程(※)をいれて希釈してください。※400mlサイズの場合:キャップ3杯程度
  • 夏場は氷を数個いれて、少し冷たいと感じる程度の温度にしてください。
  • 手を10分ほど浸していただくか、綿手袋をこの冷たいバンブーバスエッセンスを薄めたものに浸して手に装着してください
  • 手袋の場合は 上からビニール袋をかぶせるなど10分ほど密閉していただくと利便性がいいと思います
  • 手浴は、1日1回夜がおすすめです。
  • 冷た過ぎると逆効果ですので、手を浸したときに少し冷たいと感じる範囲にしてください。

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.