商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • トライアルセット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
年末年始休業
定休日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
年末年始休業
定休日
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら

『しっかり保湿をしたいけど、何を塗ってもかゆくなってしまう...』

そんな経験をしたことはありませんか?

激しい乾燥などが原因で角層のバリア機能が低下しているお肌は、必要な保湿剤でさえ刺激を感じてしまうことがあります。

そんな悩みのある肌状態でも、ポイントを抑えれば保湿がもっと快適になります。スキンケア効果をしっかり感じつために、保湿のポイントを見直してみましょう。

どうして保湿するとかゆくなるの?

正常な肌は神経線維が表皮より下にありますが、炎症などによりバリア機能が低下してしまった肌は、かゆみを感じる神経線維が角層のすぐ下まで伸びています。

そのため、ちょっとした刺激でさえかゆみを感じてしまう状態になっています。

皮膚に吸収される外用剤*は、大きく脂溶性と水溶性に分類されます。 脂溶性=油性クリームは、主に角層を通過して浸透するのに対し、水溶性(ローションやジェル)は主に汗腺や毛穴を経由して浸透・吸収されています。

油性クリームが浸透する際に、角層まで伸びてしまった神経繊維を刺激してしまい、保湿クリームを塗るとかえってかゆみが強くなってしまうことがあります。

目指す目標は、皮膚のバリア機能の回復と神経線維が本来の位置(=角層よりも下)にある健康な肌状態です。

  • まずは単独でお試しください。塗りこむのではなく、やさしく伸ばして、 あとは自然に浸透させまてください。集中リペアクリームの併用もおすすめです。
  • お肌やわらかクリーム(集中ケア)がお肌の状態に合わない場合は、コンディショニングジェルに切り替えて乾燥する部分には集中リペアクリームを重ね塗りします。
  • それでもかゆくなってしまう場合には、スキンケアを始める前にパウダーをやさしく擦り込みます。パウダーが保湿剤の刺激を防ぐ効果が期待できます。

クリームを塗布した時の油膜感のない、クリームが苦手な方にもおすすめの保湿クリームです。4つの効果をバランスよく配合することで、軽い肌悩みならこれだけでケアをすることが可能です。

お肌やわらかクリーム(集中ケア)でもお肌に合わない場合は、コンディショニングジェルに切り替えてください。

お肌やわらかクリーム(集中ケア)

最もクールダウン効果にすぐれた製品です。お肌やわらかジェルソープまたは流水で清潔にした肌に直接塗布します。肌表面がひんやり感じるまで数回繰り返して塗布していただくとより効果的です。

ジェルだけで乾燥する部分には、集中リペアクリームを重ね塗りしてください。最初からコンディショニングジェルと集中リペアクリームを混ぜて塗布していただいても結構です。

コンディショニングジェル

浸透性を抑えたクリームが肌表面にとどまって密着。 必要な効果をピンポイントに発揮して、集中的にケアします。激しい乾燥状態やゴワゴワ部分に一般的なクリームよりも少し多めに塗布していただくことがポイントです。

お肌やわらかクリーム(集中ケア)でさえお肌に合わない場合は、コンディショニングジェルを塗布後に部分的に集中リペアクリームを重ねる方法をお試しください。

集中リペアクリーム

パウダーを基材に採用したこれまでにない新しいスキンケアです。アトピディアの主成分である竹酢液**をコーンスターチと一緒に凍結乾燥しています。

スキンケアを始める前にパウダーをやさしく擦り込みます。クリームを塗った後にかゆくなってしまう場合には、クリームの後にもお使いください。竹酢液の成分が浸透すれば、肌に残ったパウダーは拭き取っても大丈夫です。

パウダー(コーンスターチ)は表皮から吸収されず、パウダーをコーティングしている竹酢液(整肌西武)の成分だけが肌に浸透します。

Hand&Bodyプロテクトパウダー

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.