商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • トライアルセット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
年末年始休業
定休日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
年末年始休業
定休日
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら

汗でかゆくなる汗アレルギーについて

私たちは体温が上昇すると汗腺から汗をかいて体温調整をしています。うまく機能している汗腺では、血液からミネラル(塩分)と水分が取り込まれて、体に必要なミネラルは血液に再吸収され、わずかなミネラルと水分が汗として排出されます。

ところが、汗腺の機能が衰えていると、ミネラルが再吸収されず水分と一緒に汗として排出されてしまい、かゆみを引き起こす原因になります。さらに、ミネラルを多く含む汗は肌悩み悪化の大きな要因である黄色ブドウ球菌が増えやすい環境を作ってしまいます。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺から分泌される汗がミネラルを含む汗を分泌しています。

一方、アポクリン腺から分泌される汗に含まれているタンパク質が稀にアレルゲンになる場合があるといわれています。

汗アレルギーを起こす方の汗には、ニッケルという金属が多く含まれていて、ニッケルによる金属アレルギーの可能性も指摘されています。ニッケルを多く含む食品を汗の季節は控えてみましょう。

汗の成分にアレルギーがある場合、外用剤でかゆみを防ぐことは難しいです。もし、貴方が汗でかゆくなると感じているなら、花粉症と同じように主治医の先生に相談して汗の季節だけ抗アレルギーを処方していただくのも方法です。 肌悩みの改善には、掻かないことが何より大切です。

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.