商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • 初回限定セット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら

保湿をしても良くならないガサガサについて

皮膚のキメで細い線のように見える溝を「皮溝」、皮溝に囲まれた部分を「皮丘」といいますが、かき壊すことで皮丘が隆起し皮溝が目立った状態がまるで象の皮膚のように見える状態のことを「肥厚苔癬化」といいます。

肥厚苔癬化した肌の表面は、瓦で覆われた屋根のような状態で、保湿剤や軟膏を塗っても浸透しづらく常に乾燥した状態です。

肌の一番底の部分で生まれた細胞が最終的に役目を終えてはがれ落ちるまでのサイクルのことをターンオーバーといい、通常28日周期で肌は生まれ変わっています。この肌の新陳代謝は周期が早ければ早いほど肌にいいというわけではありません。

何らかの理由で肌にトラブルが生じるとこのターンオーバーが短くなることがわかっています

肌の一番外側にある角層は外部刺激や水分の蒸発を防ぐ頑丈なバリアの役目をしていますが、通常よりも短い期間で成長した未熟な角層は、とてもはがれやすくバリア機能が低下しています。
その結果、外部刺激や乾燥による新たな炎症を作るという悪循環に陥ってしまいます。

赤みを殆ど感じない粉をふいたようなアトピー肌のガサガサにも炎症が隠れています。
しっかり保湿をしても状態が良くならない場合は、保湿でしっとりさせるよりも炎症を鎮めることが優先されます。

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) ATOPIDEA Co.,Ltd. All Rights Reserved.